男の子の『やる気UPワード』はこれ!男の子に効果的な褒め方とは?

やる気UPワード 男の子

男の子はママにとっては不思議な生き物です。ママたち女性には思いもよらないことをしてビックリすることもありますし、そうかと思うと気が向かないことは何がどうあろうとガンとしてやらなかったり。

特にお手伝いなど本来興味のない作業や、勉強、習いごとの練習など、コツコツやり続けるべきことにはなかなかスイッチが入りません。男の子のやる気を引き出すにはどうしたらいいの? と悩むママも多いのではないでしょうか?

今回は子供のやる気を引き出す方法と、特に男の子のやる気UPに効果的な言葉のかけ方や、褒め方について考えてみます。

「~しなさい!」はNG!子供のやる気がゼロに

子供に何かをさせたいとき、ついつい「○○しなさい!」と頭ごなしに言ってしまいがちですが、実は子供のやる気を引き出すためには最もNGなやり方です。

お手伝いにしても、勉強にしても、「やろうかな」と思っているところに「やりなさい!」と言われたら、大人でも相手に対してムカッときてしまいますよね。

子供にとってもそれは同じこと。「~しなさい」と頭ごなしに言われると、一気にやる気がゼロになってしまいます。やる気を起こすには、言い方に少し工夫が必要です。

子供のやる気を引き出す声かけの3つのポイント

子供のやる気を引き出すためには、まず子供が「自分は認められている」と実感できていることが大切です。パパ、ママが自分を認めてくれている、自分の意志が尊重されていると子供が感じられる言葉かけをしましょう。そのポイントは以下の3つです。

1.命令ではなく依頼の形で

「おもちゃを片付けなさい」ではなく、「おもちゃ片付けてくれる?」と子供を頼りにする形で言うと、子供は「自分の意志に任せられている」、「自分は認められている」と感じ自発的にやるようになります。

2.選択肢を与える

「今は、勉強する?それともお友だちと遊ぶ?」など選択肢を与える形で声かけし、本人の意志にまかせてみましょう。自分で決めて行動することにより、子供は自然と自分にプライドが持てるようになり責任ある行動を取るようになります。

3.きちんとほめる、感謝する

人は誰もが「認められたい」という欲求を持っていますが、この思いが満たされると自己肯定感が高まり、何事にも積極的に取る組むことができるようになります。つまり、認められることで“やる気”の根っこができるのです。

パパやママが子供が頑張ったことについて褒めたり、お手伝いしてくれたことに素直に感謝の気持ちを表すことが大切です。

男の子に効果的!3つの『やる気UPワード』を取り入れよう!

男の子の場合、さらに心に響く褒め方のコツがあります。

取り組んだ過程を重視する女の子に比べ、男の子は現実主義であり結果を重視するところがあります。また“できた”という達成感を与えると、やる気スイッチが入るようです。

それらをふまえて、男の子には以下3つの『やる気UPワード』を使って褒めてあげましょう。

1. 「ナンバー1」

結果重視で達成感を求める男の子は、“ナンバー1”であることを好みます。

「今までの中でナンバー1のできだったよ」、「これができたらナンバー1だね」などと、ナンバー1をキーワードに声かけをしましょう。

2. 「早い」

結果を重視し勝ち負けにこだわる男の子にとって“早さ”も重要なキーワード。「早くできたね」、「やりだすと早いね」などと声かけをしましょう。

3. 「○○君だから」

その子の得意な部分、優れたところなど、その子自身の能力を褒めると、子供はパパ・ママに認められていると実感し、やる気が出ます。

「さすが○○君、計算が早いね」、「○○君のおかげで、あっという間にお部屋が片付いたわ」など、「○○ちゃんだからこそできた」という言い方で褒めてあげましょう。

「男の子は何を言っても言うことを聞いてくれない!」と思っていたら、実は男の子の心に響いていなかったということかもしれませんね! 男の子の心理はママたち女性にはなかなか理解しづらいものですが、そこがまた男の子の不思議で面白く、かわいいところでもあります。「男の子ってこうすれば、喜ぶのね」と、ママにとっては意外な反応も楽しみながら試行錯誤していくといいかもしれませんね。

参照/
塾講師ステーション情報局 「『ホメ方』の基本ルール 知っていますか?~男の子と女の子とではこんなに違う! ココロに届く褒め方とは~」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

やる気UPワード 男の子

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ