数の概念を教えるのにぴったり!『100玉そろばん』の知育効果がスゴイ!

百玉そろばん

数の概念を教える知育玩具の定番『100玉そろばん』。数を数えたり量の感覚をつかんだりするだけでなく、その後の足し算引き算などの計算にも役に立つので、ぜひ乳幼児期から取り入れたい遊びです。

今回は、100玉そろばんでの効果的な遊び方・学び方や、各社から出ているおすすめの100玉そろばんを紹介していきたいと思います。

遊びながら10進法が身につく!『100玉そろばん』とは

100玉そろばんとは、10×10の100個の玉が並んでいるそろばんのことです。1つずつはじきながら、“1から10まで数える”、“1から100まで数える”ことで、数を量として視覚的にとらえることができます。

また、遊びながら“10”を基本とした数の数え方を身につけることができ、大人も必ず頭の中で使う“10進数”がしっかりと理解できるようになります。

遊び方・学び方

100玉そろばんにはさまざまな使い方で活用することができます。まずは簡単な遊びから始めてみましょう。

1から10まで数えてみる

玉を左右どちらか片方にすべて寄せたあと、1つずつ反対側へ移動させながら数を数えます。1列すべてはじくと“10”です。

10から1まで数えてみる

慣れてきたら、今度は逆に10から1まで数えてみましょう。

2つとびで数を数えてみる

玉を2つずつ移動させながら「2、4、6、8、10」と2つとびに数えてみます。

5つとびで数を数えてみる

玉を5つずつ移動させながら「5、10、15、20、25」と5つとびに数えてみます。時計の長針は1つ進むごとに5分たつので、時計を読む基礎にもつながります。

100まで数えられるようになったら、100から逆に1まで数えてみる

いろいろな数え方で100まで数えられるようになったら、カウントダウンしてみましょう。

足し算をしてみる

玉をすべて片側に寄せて、例えば“3+5”なら、まず3、次に同じ列の5つの玉を寄せて8になることを確かめてみます。「ママが3個、パパが5個のみかんを持っています。全部で合わせて何個でしょう?」などと分かりやすい問題を出してみましょう。

引き算をしてみる

例えば“5−2”なら、まず片側に玉を5つまとめておいてそこから2つ反対側へ移動させると残りが3個になることが目で見て分かります。「みかんが5個ありました。2個食べると残りは何個でしょう?」などと問題を出してみましょう。

他にも”合わせて10”にしたり、“10個の玉を2つに分ける”など割り算の概念を伝えたいときにも、百玉そろばんを使うと分かりやすく視覚的に理解できます。

おすすめ100玉そろばん

100玉そろばんは、そろばんメーカーや知育教材メーカーなどからさまざまなものが登場しています。おすすめの商品を紹介していきます。

トモエそろばん

出典:Amazon

日本のそろばんメーカーの中で最も知名度の高い『トモエそろばん』が出している100玉そろばんです。

全国の小学校でも多く採用されており、赤と黄色の2色使いで5のかたまりを意識するように作られています。

玉のすべりが良く、玉をはじいたときに木製ならではの良い音が鳴るのも特徴です。

七田式100玉そろばん

出典:Amazon

子供の脳を育てる七田式教育で有名な『しちだ教育研究所』の100玉そろばんです。カラフルな玉やかわいい絵がポイントで、小さい子供でも興味を持ちやすい作りになっています。

くもんの玉そろばん120

出典:Amazon

くもん式でおなじみ『くもん』の玉そろばんは120までになっており、100を超える数の理解にも役立つようになっています。付属のシートを差し替えることで、”助数詞”や”数えていくつ”といったことも学べます。

数について口頭で説明するのは難しいですが、100玉そろばんを使えば幼児期から視覚的に理解することができ、その後の算数や計算への移行もスムーズです。楽しく遊びながら数の感覚を身につけるのに、ぜひ活用してみてくださいね。

TOP PHOTO/Fesus Robert/Shutterstock
参照/
ベネッセ教育情報サイト「百玉そろばんの使い方・身につくこと」
AllAbout暮らし「数を視覚で理解 100玉そろばん」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

百玉そろばん

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ