【日本おもちゃ大賞2019】プログラミング教育に最適なおもちゃはこの3つ

日本おもちゃ大賞2019

日本玩具協会が毎年主催している『日本おもちゃ大賞』。選出された商品は、プロの厳しい審査を勝ち抜いてきた良質なおもちゃばかりです。7つの部門の大賞・優秀賞に加え、『ヒット・セールス賞』『特別賞』も設けられ、全部で40商品が選出されました。

受賞作の中には、プログラミング教育を家庭で進めるのに便利なおもちゃもたくさん選出されていますよ。今回は、論理的思考力を養えそうな受賞作品3つを紹介します。

親しみやすいから自然と身につく!『アンパンマン はじめてプログラミング! どの道とおる?アンパンマンドライブカー』

出典:Amazon

目や耳が不自由な子供とでも一緒に遊べる『共有玩具』。日本おもちゃ大賞にも『共有玩具部門』がもうけられており、優秀賞を受賞したのがこちらのおもちゃです。

子供が大好きなアンパンマンと車を組み合わせた、“はじめてのプログラミング”のためのおもちゃで、3歳から遊べる設計になっています。

マップの上にアンパンマンカーをおいて、上部についている矢印ボタンをおすと、アンパンマンカーが矢印の方向にひとマスずつ進んでいく仕組みです。

目的の場所に到着するにはどの矢印ボタンを何回押したらいいのか、楽しく遊んでいるうちに『考える力』や『問題を解決する力』が自然と身につけられますよ。

アンパンマンのドライブカーの状況が音声やLEDの点滅パターンでわかるようになっている点、そのパターンが問題カードにもわかりやすく表示されている点などが、『共有玩具』として高く評価されました。

発売は2019年10月予定となっていますが、2019年6月13日(木)~16日(日)に開催された『東京おもちゃショー2019』でも公開されていました。

小売価格:5,940円(税込)

作ったものを動かせる!『学研のニューブロック プログラミング』

出典:Amazon

『エデュケーショナル・トイ部門』の優秀賞を受賞したのは、ブロックで遊びながらプログラミングの基礎が身につく『学研のニューブロック プログラミング』。

“LEDライトを黄色く光らせる” “モーターをうごかす”など、それぞれ役割の異なる『クルー』をコックピットにとりつけることで、順番にプログラムを命令することができる仕組み。自由に組み立てたブロックにプログラミング済みのコックピットを装着し、実行ボタンを押すとプログラミングした通りにブロックが動き出します。

自分のつくったブロック作品が動く!という子供の夢を実現させる点、遊びながらプログラミング的思考が身につく点、タブレットやパソコンが不要で手軽な点などが評価されました。

この投稿をInstagramで見る

🐳2019.4.9🐳 学研のニューブロックの最後の座談会で 最後のプレゼントとして送ってくださる予定だった 学研のニューブロックプログラミング! ついに届きました😆🎁 それはそれは首を長~~~くして待っていたので 小学校から帰ってきて大喜びでした❤️❤️❤️ いちばんくんからのお手紙をまず読み上げ 弟の保育園からの帰宅を待って一緒に開封🎶 (優しい兄だ…) 説明書を読みながらさっそく作りました☺️ 機関車、ヘリコプター、たこ.いこ.くらげのダンス、 おおきなふね、ころりんレールを次々作成。 パトカー以外はもう作った様子😅 なんだよー知らなかったよー撮ってない😩笑 7色のクルーがそれぞれの動きを持っています。 色分けされていることで視覚的に記憶しやすいのと それに伴って動きもインプットしやすいので プログラミングのとっかかりには最適だと思います👌🏻 まずは見本通りに作ってみて 慣れてきたらクルーの順番を自分で考えて 動きに変化を出しても楽しそう✨✨ プログラミングにはずっと興味を持っていたので 楽しく学べそうです🌱🌱 2020年から小学校でプログラミングが必修化されます🏫 5年生からのようだけど 息子の通う小学校のパソコンでも プログラミングのソフトが入っているのを見て すでにこうやって遊び感覚でもう始めてるんだ、と驚き。 プログラミングって何?!と苦手意識から入るのではなく こうやって楽しく簡単に いいイメージでスタートできるのは 素晴らしいことだと思います🙌🏻🙌🏻🙌🏻 機械だから太陽に当たると壊れやすいんだってと話すと めずらしく1回1回何も言わなくても 積極的に片付けてくれる、そういった意味でも素晴らしい ニューブロックプログラミングです💓 @newblock_mini_labo #ニューブロック #プログラミング #ニューブロック成長日記 #学研のニューブロック #学研のニューブロックプログラミング #ニューブロックminilabo #学研 #Gakken #ブロック #動くニューブロック #ブロック遊び #ひらめき #自分で考える力 #創造力 #想像力 #発想力 #6歳7ヶ月

miiiiiさん(@sooooou0815)がシェアした投稿 –

早速使ってみた方からは、「プログラミングのとっかかりには最適だと思います」との感想も。プログラミングは2020年から小学校でも必修化されますから、その前に自宅で遊びながら基礎が身につけられるといいですね。

小売価格:16,200円(税込)

ゲーム感覚で思考力をが身につく!『alilo(アリロ)』

出典:Amazon

子供たちの声や動作で動く知育ロボット『alilo(アリロ)』も、『エデュケーショナル・トイ部門』の優秀賞を受賞。幼児でも遊びながらプログラミング的思考が身につけられるよう、教材メーカーが開発を重ねて作られたおもちゃです。

“11種類のパネルを組み合わせる”“本体のボタンを押す”といったパソコンが不要な方法から、スマホやタブレット、パソコンを使ったちょっと複雑なものまで、プログラミングの仕方も多様なのが特徴。ステップアップしながらプログラミングを学んでいくことができますね。

多彩な遊びを通してプログラミングが学べるという点が評価されての受賞となりました。

『alilo』はプログラミング教室や、イベントなどでもすでに取り入れられているようです。かわいらしいシルエットのロボットがプログラミングした通りに動くのを見ると、子供たちも夢中になって遊んでくれそうですね。

小売価格:19,980円(税込)

「プログラミングってなに?」「何から教えたらいいの?」と不安になる方も多いプログラミング教育。でもおもちゃなら、遊びながらプログラミング的思考を身につけるのに役立ちます。

子供にプログラミングの楽しさを教えるツールのひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

TOPPHOTO/Pavel Vinnik/shutterstock
参照/
東京おもちゃショー2019「おもちゃ大賞について」

この記事が気に入ったら 「いいね!」

日本おもちゃ大賞2019

この記事が気に入ったら 「いいね!」 ならいごとキッズの最新情報をお届けします。
子育て・幼児教育の情報を毎日配信中!

ならいごとキッズをTwitterでフォロー

サブコンテンツ